Jサプリ

コエンザイムQ10とは何なのか

近年では加齢と共に様々な病気に掛かってしまったりそのリスクが増える事から、高齢者を対象にした栄養ドリンクやサプリメント等も多く販売されるようになりました。
高齢化社会が続いている中で高齢者の数は年々増え続けていますが、その事から健康を維持する為のアイテムも一般的に親しまれるようになっているのです。
最近では、人間のエネルギーを作るために欠かせないコエンザイムQ10が非常に注目を浴びている商品なのですが、一体コエンザイムQ10とは何なのでしょうか。

もともとコエンザイムQ10とは、人間の心臓を始め、腎臓や肝臓に多く見られる物質であり、エネルギーを作り出している細胞を作るために必要とされている栄養価なのです。
別名はユビキノンと言う名称やCoQ10としても言われているのですが、体内で生成されるものには限度が有ると言われています。
もしもこのコエンザイムQ10が不足してしまえば、エネルギー量が不十分になってしまって心臓や肝臓などの機能を低下させてしまうリスクも持っています。
動機や息切れと言う症状を発症させてしまう事もある為に、このコエンザイムQ10を体外からも積極的に摂取していく必要性があるのです。

実はこのコエンザイムQ10にはある特徴が有り、体内で生成されるものの量は年齢を重ねるごとに次第に衰えてしまうのです。
コエンザイムQ10を最も活発に生成できるときは20代と言われており、30代や40代になってしまえば生産率はおよそ30%近くも減少しているのです。
もちろん更に年齢を重ねればコエンザイムQ10の生産量はより少なくなってしまい、生産量が減る事によって人間の身体には様々な悪影響を及ぼしてしまうのです。
だからこそ、このコエンザイムQ10は人間を元気に保つ為に必須の栄養素となっているのです。

以上の事から、コエンザイムQ10とは心臓や腎臓・肝臓等に存在する物質であり、人間のエネルギーを生産する為には必須の栄養素なのです。

このページの先頭へ